カテゴリー: 未分類

効果的なヘアケア

美しい髪の毛を維持するためには、毎日のヘアケアが欠かせません。いくら毎月美容室で高いトリートメントをしていても、日々のケアを怠っていたら髪の毛は傷んでしまいます。定期的に美容室でトリートメントをして、尚且つ日々のヘアケアに力を入れることが重要です。

特に髪の傷みが気になる場合は集中ケアを行いましょう。まず、シャンプー後のすすぎをしっかりと行います。洗い残しがあると髪のダメージの原因となるため、しっかりと時間をかけて洗い流します。シャンプーが終わったら、コンディショナーの前に水分を絞りましょう。水分を取り除くことでコンディショナーが浸透しやすくなります。コンディショナーは傷みが気になる毛先を重点的につけます。特にダメージが気になる箇所には多めにコンディショナーを使うと効果的です。続いて、手グシでコンディショナーを髪に馴染ませます。このときも毛先中心に行いましょう。

シャワーキャップやラップを利用してコンディショナーをより髪に浸透させます。5分くらいそのまま放置しましょう。5分経ったらコンディショナーを洗い流します。少々手間が掛かりますが、しっかりとヘアケアをすることで髪に潤いを与えることができます。バスタイムの際にはぜひこのようなヘアケアを取り入れ、美しい髪の毛を目指しましょう。

シャンプー選び

髪の健康を保つためには、髪や頭皮を清潔に保つことが大前提です。しかし、シャンプーの成分によって髪が傷むことも考えられます。そのため、ヘアケアの第一歩としてシャンプー選びにこだわってみましょう。ダメージを受けた髪におすすめなのが、ダメージを補修する成分が配合されたダメージ補修シャンプーです。一度ダメージを受けた髪を修復することは難しいですが、補修成分を補給することで髪の傷みの進行を防ぐことは可能です。

美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』…外部サイト
ダメージ補修+予防ができるシャンプーを通販しているティエラ コスメティクスです。

ダメージ補修シャンプーを選ぶ際に補修成分に目が行きがちですが、最も重要視したいのは洗浄成分です。シャンプーには界面活性剤が配合されており、これによって髪への影響が大きく変わります。特に避けるべきなのが、アルコール系の界面活性剤が配合されたシャンプーです。成分表記にラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムと書いてあればアルコール系ですので避けましょう。アルコール系は洗浄力が強く、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。ヘアケアどころか余計髪の毛が乾燥してしまう原因になり兼ねません。

続いて注目したいのがダメージ補修成分ですが、保湿成分やコラーゲン、ヒアルロン酸が配合されたものを選びましょう。それぞれ効果が異なるため、自分の髪のダメージに合わせて選ぶことでより高い効果が得られます。

ヘアケアの重要性

日々ヘアケアに気を遣っている女性も多いかと思いますが、髪の毛の傷みに悩んでいる人も多いのが現実です。しっかりとヘアケアをしているのに髪が傷んでいくのはなぜなのでしょうか?その原因は、髪は外からの刺激を受けやすいことにあります。髪が擦れる摩擦、ドライヤーやヘアアイロンの熱、紫外線などさまざまな刺激があり、これらの刺激によるダメージをヘアケアで補うことは決して簡単なことではありません。更にカラーやパーマをしている場合はより髪が傷みやすくなってしまいます。

そもそも、皮膚と違って髪には自己修復機能がありません。そのため、一度傷んでしまった髪は放置しても修復されません。それどころか、傷みがどんどん進行して髪の毛の健康状態はより悪化していくでしょう。パサつきや髪の広がり、枝毛、切れ毛などのトラブルが起こりやすくなります。そのため、ヘアケアをして傷みを進行させないことが重要になります。ヘアケアはダメージを修復するのではなく、ダメージを進行させないためにあることを前提として行いましょう。

髪に必要な成分は、たんぱく質、水分、脂質です。このうちたんぱく質が8割を占めており、続いて水分、脂質という割合になります。ヘアケアでは、これらの成分を補給し、髪に潤いを与えることがポイントになります。ヘアケアを行ううえで、正しいシャンプー選びやヘアケア方法を知ることが重要です。シャンプー選びの際には、ダメージ補修シャンプーに注目してみましょう。それではここからシャンプー選びについてご覧ください。