ヘアケアの重要性

日々ヘアケアに気を遣っている女性も多いかと思いますが、髪の毛の傷みに悩んでいる人も多いのが現実です。しっかりとヘアケアをしているのに髪が傷んでいくのはなぜなのでしょうか?その原因は、髪は外からの刺激を受けやすいことにあります。髪が擦れる摩擦、ドライヤーやヘアアイロンの熱、紫外線などさまざまな刺激があり、これらの刺激によるダメージをヘアケアで補うことは決して簡単なことではありません。更にカラーやパーマをしている場合はより髪が傷みやすくなってしまいます。

そもそも、皮膚と違って髪には自己修復機能がありません。そのため、一度傷んでしまった髪は放置しても修復されません。それどころか、傷みがどんどん進行して髪の毛の健康状態はより悪化していくでしょう。パサつきや髪の広がり、枝毛、切れ毛などのトラブルが起こりやすくなります。そのため、ヘアケアをして傷みを進行させないことが重要になります。ヘアケアはダメージを修復するのではなく、ダメージを進行させないためにあることを前提として行いましょう。

髪に必要な成分は、たんぱく質、水分、脂質です。このうちたんぱく質が8割を占めており、続いて水分、脂質という割合になります。ヘアケアでは、これらの成分を補給し、髪に潤いを与えることがポイントになります。ヘアケアを行ううえで、正しいシャンプー選びやヘアケア方法を知ることが重要です。シャンプー選びの際には、ダメージ補修シャンプーに注目してみましょう。それではここからシャンプー選びについてご覧ください。

Post navigation